パーテーションのあるオフィスに憧れて

作業に集中するエリアと打合せをするエリアの住み分けが理想

全員が全力で業務に取り組めるように定着するには時間が掛かるだろうと想像できます。
私自身はこの環境下で10年働いてきたので、周りがうるさかろうが狭かろうがどうにか我慢しているのですが、逆に周りの声や物音が気になるような敏感な方だったら確実にこの会社は向かないだろうなと思います。
区切られていない空間で全員が仕事をすることで、情報の共有がしやすかったり伝達が速いなどのメリットも確かにあるのでしょうが、自分のペースで仕事をしたい人や聴覚が過敏な場合はその環境で最大限の力を発揮するのは難しいはずです。
個人的にどうしても我慢ならない場合は、パソコンだけ持ってこっそりカフェに逃亡して音楽を聞きながら黙々と仕事をすることもあるのですが、電話対応があったりでそういうことが出来ない人もいます。
会社にはいろいろな人がいることを認めた上で、誰もが活躍できる環境整備を進めてもらいたいものです。
個人的には作業に黙々と集中するエリアと、打ち合わせをしながら仕事を進めるエリアの住み分けが出来ると理想的です。

特定の社員のみパーテーションで仕切られあとはオープンオフィス | 海外のオフィスのように社員間がパーテーションで区切られるのに憧れる | 作業に集中するエリアと打合せをするエリアの住み分けが理想