http://www.isodp2017.org/

わたくしは、現在40歳ですが、30代前半のときに、IPSAの化粧品カウンターを春夏秋冬と1回ずつ利用いたしまして、乾燥に悩んでいることが判明して以来、乾燥肌で、化粧水が欠かせない生活を送っています。

FACEEリキッドセラムプラスの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

化粧水ですが、節約生活をしていますので、それでも30代中ごろまでは、2000円台のものも、1年に1回買ったりして1年であれこれと、化粧水を変えて収支を合わせて使っていました。

その中で、菊正宗や、マツキヨのプライベートブランドである、「大関」からでているセラミド化粧品は500mlで600円台位で変えて、たっぷり使えて肌も潤いお勧めです。最近では、ダイソーの「酒のしずく」という純米酒を使った化粧品がおすすめです。酒のしずくは、上記の2つに比べて、強くはありませんが、はじめに洗顔した肌に馴染ませるように使い、馴染んできたら2回目で、もういちど化粧水をぬると、うるおってきてきます。

酒エキスならば、ダイソーでも効きが良いと思います。そのあとは、保湿クリームを塗って、化粧水のうるおいを閉じ込めるのですが、これもいろいろ試した結果、ダイソーのオーガニック保湿クリーム無添加処方50gをぬって、寝るだけでも朝起きたとき、うるおいが残っている気がします。

日本酒の化粧品の効能は、こちら(https://www.sawanotsuru.co.jp/site/nihonshu-columm/health-beauty/sake-skin-lotion/)にもある通り、日本酒には、天然保湿成分でもあるアミノ酸がたっぷり入っています。

その量は白ワインの10倍ともいわれます。アミノ酸は潤い成分が豊富なだけではなく、肌の新陳代謝を早めてくれるので、健康的な肌を目指したい方にもおすすめですとあり、ダイソーの純米酒化粧水でもいいくらいです。