子どもが産まれてから変わる肌事情

6年前に子どもを妊娠してから肌トラブルを抱えています。もともとは肌の色素が薄いタイプで透明感があって肌が綺麗だねと褒められる事が多かったんです。

妊娠中は悪阻がひどく、あまり食べられる物が少なかったのですが、ファーストフードだけは食べられたので食べられるものを口に入れていたら、あっという間に肌に吹き出物ができました。

リンクルシャイン

出産して、肌のシミが増えたなぁと感じてる暇もないほど、育児に追われもちろん肌のお手入れなんて二の次で、冬でも化粧水で終わらせてしまうことも多かったんです。

保育園の入学時に家族で写真を撮ってもらって、スマホに映る自分の顔を拡大した時のショックは大きかったです。

しみやしわがくっきり、そして毛穴のひらきが写真でわかるほど・・・。

確かに子どもと公園に遊びに行って沢山汗をかいたし、日焼け止めだってこまめに塗っている時間の余裕なんて本当に少しもなかったなーと思い返して、あの時、少しでも時間を取っていれば、自分の事を後回しに考えていなかったら、と悔やみましたが仕方ありませんし、本当に活発な男の子の母親はそんなものなのかもなと諦めに近い感じもあります。

ただ、子どもが小学校に入って少しは時間の余裕も、気持ちの余裕も出てきたので、これからは肌トラブルと向き合ってスキンケアを頑張りたいと思います。