口臭をチェックする2つの方法

口臭を発生させる原因は様々な理由がありますが、自分でできる範囲で口臭をチェックする方法は2つあります。

そこで、口臭をチャックする2つの方法を紹介します。

口臭をチェックする1つ目の方法は自分で口臭をチェックすること。

ここで、自分で口臭をチェックする2つの手順を説明します。

①まず、最初に口を開いてください。

②次に片手で口を押さえて、息を軽く吹きかけてください。

息を吹きかけてみて、自分の息の匂いがいつもと違うと感じたら口臭を疑った方が良いでしょう。

※上記の場合は、歯の隙間に残る歯垢が原因の場合がほとんどです。

口臭をチェックする2つ目の方法は普段、口にした食べ物・飲み物を意識すること。

口臭を発生させる原因の1つに食べ物・飲み物が含まれたいます。

ここで、口臭を発生させる食べ物・飲み物を紹介します。

【食べ物の場合】

・ニンニクを含んだ料理・食品                                   

(キムチ・ペペロンチーノ・餃子など)

・生ネギ・青ネギ

・生の玉ねぎが入っているサラダ。

ブレスマイルウォッシュ

※生のネギ類・ニンニクが含まれる食品は口臭を発生させやすいので、注意が必要です。

食後は必ず、口臭をチェックするように心掛けましょう。

【飲み物の場合】

・コーヒー類(カフェオレ・缶コーヒーを含む)

コーヒーの場合、クロロゲン酸が含まれています。

クロロゲン酸は口の中で残りやすく、口臭を発生させるもとです。

コーヒーを飲んだ後は、必ず口臭をチェックするように心掛けましょう。

上記のように、「生のネギ」「ニンニク」「コーヒー」は口臭に注意してほしい、食べ物・飲み物です。

普段から、口にする食べ物・飲み物を意識するだけで口臭に対する意識が変わる可能性があります。

以上、口臭をチェックする2つの方法を紹介しました。