嗜好品と口臭&お口トラブルの関係

口臭や口のトラブルは大抵決まっています

それは、嗜好品です

多くの場合、口臭の元になるのは  タバコ お酒 コーヒー この3つです。

1  タバコ

現在では喫煙者の数というのは 年々減少傾向にはありますが口臭が気になる人の中で喫煙者が多いのも事実です。

タバコに含まれる煙で歯には、ヤニがつき、本数にもよりますが 落ちにくくなっていきます

ついてしまったヤニは歯磨きや市販のものでは落とせません。歯医者で落とすしかありません

タバコに含まれるニコチンは口の水分量を減らす効果があるので口臭の原因になります

ブレスマイルウォッシュは実店舗で市販されている?購入して使った効果や口コミなどまで赤裸々に暴露!

2  お酒

お酒に含まれるアルコールは口の水分量を減らします

お酒の種類も重要になってきます。度数が高いほど口の水分は減りますがウィスキーやウオッカなどよりも ビール のほうが

口臭にとっては原因になります

ビールに含まれるポップが口に残ると口の中でどんどん醗酵していきます。なのでビールを飲んだ後は必ず歯を磨くように

心がけましょう

3  コーヒー

コーヒーは誰もが良く飲む口臭原因で断トツです

コーヒーは体にいいのはよく聞く話ですが、コーヒーの飲みすぎの怖い副作用は口臭だけでなく歯周病など口回り

につながる事です。コーヒーに含まれるカフェインはりみょう作用があり、口でだけでなく体全体で水分が減ります

 

コーヒー タバコ お酒 3つほど述べましたがこれらの共通点は体の水分を奪うところです

どれも体に悪いとは必ずしも言えませんが、口臭が気になる方は

1 嗜好品を控える 

2 摂った後は必ず十分な水分を補給する

3 歯を磨く

これをすれば多くの場合改善でき、予防にもなります