からだづくりのための筋トレを。

今年で31歳となりますが、10年ほど前102kgあった体重が現在77kgまで落としリバウンドせずに過ごしています。(ダイエットは継続中です。)
ズボラで飽きっぽい性格の為、長く続けられるものはないかと様々試しましたが個人的には「腹八分・よく噛んで食べる・ウォーキング・筋トレをする」がとても効きました。

パエンナキュットの効果を検証!人気二の腕シェイパーの本音口コミ!

「腹八分・よく噛んで食べる・ウォーキング」はダイエットの定番ですが、私は特に「筋トレをする」のに重点を置いています。筋トレというと難しく感じるのですが「自分に続けられるような筋トレ」をしています。ダイエットは目標体重を達成したら終わりではなく、そこから維持していくためにはどうするのかを考える必要があるので、継続できるものとして筋トレを選びました。

夜お風呂から出た後30分ほど時間を取って、スクワット・ダンベル運動・腹筋をやっています。セット回数はその日の身体の具合によって変えますがスクワット×15回・ダンベル左右×10回・腹筋×20回を1セットとし毎日3セットを継続しています。youtubeなどで音楽を流しながらやっているので、楽しくできています。さらに、やった日はカレンダーに自分の好きな柄のシールを貼ったりし、あとからカレンダーを見返したときにモチベーションが上がるようにしています。

痩せるための筋トレというよりも「痩せるからだづくりの為の筋トレ」と考えてやっているのもあり、たとえ体重が変わっていなくてもくびれが出たり、洋服を着るときに肩がキツくなかったりなど、少ない回数でも続けていると体に変化が出ているのを実感できるのでさらにモチベーションが上がります。数字にとらわれずに、これからも目標に向け、自分に続けられるように無理なく、ダイエットを継続していきます。