ダイエットが成功したためしがない

痩せたいと思ってもそこまで本気ではないであろう40代主婦です。
10代の頃は部活が運動系だった為、身長が160㎝で体重45キロと今振り返ると胸こそペチャですが最高のスタイルをしていました。
高校時代に60キロになりましたが、何故か見た目に反映されない体形を維持しておりました。

グラマラスパッツとグラマラナイトスリム

しかし、30歳手前で多くの女性先輩方の忠告を甘くみていたせいで現在の私の後悔へと続くのです。
30過ぎたら一気に太る。一度太ったらなかなか痩せない。このような忠告を私は他人事だと過信して、好きなものを食べ、好きなだけゴロゴロしておりました。
現在身長は変わらず160㎝ですが体重は60キロです。高校時代と体重こそ同じですが全く違う仕上がりになっております。

運動をしていないせいで、全体がだらしがないわがままにもほどがあるだろう?というようなボディーに。肉という肉がプルプルです。
ダイエットといえばやはり体重が目安です。ダイエットといえばカロリー制限、もともとお菓子などの間食や甘いものは好きなわけではないので、減らせるのはメインの食事です。食事を少なくしてもやはり続きませんでした。

次にダイエットと検索すれば必ず出てくる「適度な運動」
これは出来たらとっくにやってますよっていう案件です。それができない。もしくは続かないからダイエットは永遠のテーマなんですよね?そもそも、子供や旦那さんがいる主婦が気軽に夜道や早朝にランニングや散歩なんてできますかね?なんて理由を見つけて私はやりません。正確にはやったことはあるんです。早朝と夕方にランニングやってみました。雨が降って休んだ日以降ランニング用のジャージはパジャマになっております。

次に実践したのは、スクワットをして太ももに筋肉をつけ、新陳代謝をあげて痩せ体質にするというもの。こちらはオール室内でできるので、先程かいた挫折の1つ『天候』を言い訳にする事は出来ません。3日やって1日休むというルールのもと実践しましたが、この「1日休む」がとんだ落とし穴で、いつのまにか現在まで休み続けております。
こうして現在も、痩せたい痩せたいと言いながらも、行動はまったく本気で痩せようとしていないまま年齢と体重は増えていくのでした。